屋上緑化の魅力とは?メリットと共にご紹介します!


屋上緑化の魅力とは?

屋上緑化とは、その名の通り屋上に植物などの緑を設置して庭園のようにすることです。屋上全体を緑化するということではなく、空いているスペースに芝生などを設置することが多いようです。屋上緑化でイメージするのは、高層ビルの屋上や鉄筋コンクリートのビルの屋上という人も多いですが、一般の住宅などでも導入することが可能です。屋上庭園の最大の魅力は、身近なところに緑があることで日常生活の中で癒しを得ることができるということです。また、庭園の中に次第に出来上がっていく小さな生態系を楽しむことができます。季節に応じて様々な植物を盛り込むのもよいでしょう。好きな植物を植えて、家族全員が憩える場所をつくることができるのも魅力の一つであると言えます。

屋上緑化のメリットとは?

屋上緑化のメリットは、ヒートアイランド現象を緩和できることです。ヒートアイランド現象とは、自動車などの廃棄や田畑、河川の減少、風通しの悪化などにより都市部の気温が周辺地域より高くなってしまう現象のことを言います。屋上緑化には、植物の蒸散作用や、遮熱効果などが期待され、気温上昇を抑えることができるのではと考えられています。また、省エネ効果も期待できます。植物を植えることによって、夏場は気温の上昇を抑え、冬には保温効果が期待できます。さらに、屋上の壁や防水層の劣化を防ぐことができるというメリットがあります。植物が、酸性雨や紫外線から建物を守ってくれるのです。自宅の屋上緑化を自分で行うのは難しいため、専門の業者に依頼することをおすすめします。

屋上緑化を行うと、夏場は植物が根から吸い上げた水を気化することで温度が下がり、冬場は植物が葉や茎から蒸散して放熱することで温度が上がるために、冷暖房費が削減できます。