初めての機械式時計!細かい部分に溜まった汚れを落として清潔に使おう


細かい部分のお手入れ法方

機械式時計の手入れでは、クロスで簡単に拭く程度でだいたいの汚れは落とせます。しかし、日々愛用することで細かな部分に汚れが蓄積されていき、ケース内部にも影響が出る可能性があると知っておきましょう。特に、自動巻き式では日々ゼンマイの巻き上げ作業をするため、リューズに手垢などが付着しやすくなります。リューズの溝は細かく刻まれていますが、溝のひとつひとつを綿棒などで丁寧になぞりながらクリーニングをしましょう。

風圧で埃等を取り除くブロアーを使用して引き出したリューズをクリーニングする人がいますが、ケース内部に細かな埃などが侵入する原因となる場合があるためオススメしません。また、リューズやベゼルのすき間に針や爪楊枝を差し込んで汚れを取り除くのも、故障や傷つきにつながるので避けましょう。汚れが蓄積して部品のすき間が詰まるレベルになればオーバーホールを行うのが最良です。

ケースのお手入れは布と綿棒を使って

ケースの手入れではウエットティッシュや濡れたタオルを使えば清潔になると考えられがちですが、ムーブメントに水分が侵入する可能性があるので避けてください。広い部分はクロスで、細かな部分は綿棒でお手入れするのが良いでしょう。ケースとストラップの連結部分であるラグの裏側は皮脂汚れが蓄積されやすいので、綿棒を使ってしっかりと汚れを落としてください。放置すると皮膚トラブルや臭いの原因になりますので、ラグやストラップの手入れは習慣にすると良いでしょう。

グランドセイコーは日本の腕時計メーカー「セイコー」のブランドの一つであり、高精度とデザイン性の高さが魅力です。