単なるおしゃれに留まらない!飼い犬の健やかな暮らしに必須な服を選ぼう!


犬種によっては服を着せる必要がある

飼い犬に服を着せるのは飼い主の好み、という認識が一般的でした。事実、多くの犬種については体毛による保温効果が高いので、人のように服を着る必要がありません。そのため、服を着せられる飼い犬にとっては暑苦しく、ストレスになってしまうケースも少なくないことが問題視されました。しかし、犬種によっては体毛や体脂肪が極端に少ないため、そのままの状態で放置すると重大な健康被害に見舞われる可能性があります。そのため、体温の低下を防ぐためにも犬専用の服を着せなければいけません。犬種によって体温維持の度合いが異なる点については近年に至るまであまり知られていなかったこともあり、保温性を重視した犬の服は決して多くありません。そのため、飼い主が自作することになります。

着心地の良さを重視しながらおしゃれにも気を配りたい

飼い犬に服を着せるのは体温を保つことが目的なので、保温性が高い生地を使って作ることが重要です。その一方で犬の肌に直接触れることを考慮し、摩擦による痛みや静電気の発生が無いように注意することを心がけます。飼い犬は自分の意思で服を脱ぐことができないので、飼い主が状態をよく観察して着心地の良し悪しを判断しなければいけません。日頃から飼い犬の表情や歩き方を把握しておくのが、体に馴染んで保温性も高い、最高の一着を作るための条件になります。また、単に体を冷やさないだけではなく、見た目のかわいらしさにもこだわることを心がけます。おしゃれで綺麗な仕上がりになった服を着せることによって、飼い犬のかわいらしさをさらに引き立てることができるのです。

飼い主の中には、犬の服を自ら手作りしている人がいます。自分で作れば、好みの服を作成することができます。型紙はインターネット上でもダウンロードすることが可能です。