犬に服は本当に必要?服を着用させる理由と選び方


犬に服を着用させる理由とは?

服を着用させることにはいくつかのメリットがあります。その一つは防寒です。冬は温かい室内で飼育することが大切ですが、犬には適度な散歩が必要です。寒さに弱い犬種を冬の屋外へ連れ出すときには防寒対策が欠かせません。特に室内と屋外との温度差が大きいと、心臓に負担がかかりやすくなります。また、屋外の汚れから被毛を守る役割も持っています。

もう一つのメリットは、抜け毛を防ぐことです。ソファーやカーペット、衣類などに被毛がついてしまうことはよくあります。犬に服を着せておくことで、抜け毛が部屋に散乱することを抑えることができます。完全に防げるわけではありませんが軽減することは可能です。よそのお宅を訪問するときもマナーとして服を着せるようにしましょう。また、被毛の散乱を抑えられれば動物アレルギーの人に配慮することもできます。

犬種や性格で変わる!犬の服の選び方

プードルは毛が抜けにくい犬種で、抜け毛対策としては服を着せる必要性は低いといえます。ただし、トイプードルのような小型化された犬種は冬は寒さを感じやすいので、散歩のときなど必要に応じて着用させましょう。チワワやミニチュアピンシャー、イタリアングレーハウンドなどは寒さに弱い犬種です。室内でも震えている場合は服を着せてあげましょう。

服は動きやすいもの、そして着脱がしやすいものを基準に選びます。伸縮性のある服ならかぶるタイプでも問題はありません。しかし、中にはかぶるのが苦手な犬もいます。その場合は背中やお腹にボタンやファスナーなどが付いている服を選んであげるようにしましょう。散歩中だけ防寒したい場合は、背中のファスナーで簡単に着脱できるハーネスタイプのダウンジャケットなども出ています。

犬の洋服はサイズ選びが難しいです。首周り、胴回り、着丈が大事なポイントになってきます。犬の体型にもよるのですが、迷ったときは胴回りに合うサイズの着用をおすすめします。