利用前に知っておこう!電子タバコのメリットとデメリット


健康被害が少なく火の心配が要らない!

電子タバコを利用するメリットと言えば、やはり身体への悪影響が少ないといった点が挙げられます。電子タバコには、紙巻タバコの喫煙で発生するタールなどの有害物質が発生しません。喫煙者自身の健康はもちろん、周りにいる人達の健康にも配慮出来るのは、とても嬉しいところですよね。また、紙巻タバコと違い、火を使わずに利用出来るところも電子タバコの特徴と言えます。小さい子供がいる場合やペットと生活をしている場合、安易に火を使う様な状況は出来るだけ避けたいですよね。電子タバコであれば、その名の通り、電気を使い、蒸気を発生させる形になりますので、火が必要になることはありません。ライターを常備していなくても利用出来るので便利ですよね。

入手のし易さやメンテナンスは課題?

電子タバコを利用する際、デメリットとして考えられることと言えば、入手の難しさが挙げられます。紙巻タバコの様な入手のし易さはなく、取扱のある店舗の数は少ないと言えます。地域によっては、販売店が近くにないのでネットショッピングしか選択肢がないといった場合もあり、入手のし易さといった点では難しさを感じる人も多いです。また、電子タバコは使い捨てではないので、長く性能を維持させるためにもメンテナンスが欠かせません。メンテナンスの頻度は、それ程高くありませんが、精密機械になるため、洗浄出来る部分と出来ない部分があったり、乾くまで待つ必要があったりと注意点もあります。そういった部分を手間と感じてしまう人には、大きなデメリットと言えるかもしれません。利用出来る店舗の有無と合わせて、利用前に確認しておくことが大切です。

vapeは紙巻きタバコと違いニコチンやタールが入っていないため、健康面のリスクは少なくなります。また、副流煙で他の人の健康を害する心配もありません。