マナーを知っていると安心!内祝いとはどのようなもの?


内祝いはどのような時に渡す?贈るべき相手とは?

現代において内祝いとは「お祝いをもらった時、記念に配るもの」のように理解されています。一般的には、お祝いをもらった時のお返しとして利用されています。親戚や友人・会社関係の人からお祝いをもらった場合、いただきっぱなしにすることはできません。お礼の手紙や電話をするだけでなく、何かしらのお礼に品物を贈ります。内祝いは結婚祝いや出産祝い・快気祝いなどの時に利用します。子供の成長祝いや母の日・父の日の贈り物、お中元やお歳暮には必要ありません。渡す相手は、お祝いをもらった相手ですが、両親などの身内には贈らなくてもいいことになっています。

内祝いで渡すものは何がいい?

内祝いを贈る時、一般的なのが食品やタオルなどの消耗品・カタログギフトなどです。お祝いされた人の名前が入る商品もあり、カステラやクッキーの上にメッセージや名前を入れられるものもあります。出産祝いの場合、出生体重と同じ重さの米なども喜ばれるでしょう。カタログギフトには、さまざまな商品が載っているため、もらった人は選ぶ楽しみがあります。内祝いの商品に悩んだ時や無難なものにしたい場合は、カタログギフトにするといいでしょう。

内祝いの相場と贈る時期とは?

内祝いの相場は、もらったお祝いの約1/2~1/3の金額です。つまり、1万円相当のお祝いをいただいた時は、3500円~5000円の内祝いにするといいでしょう。内祝いで渡す品物の金額が高すぎると、相手に気を使わせてしまいます。内祝いを渡す時期は、お祝いをもらってから約1ヶ月前後です。また、節目のイベントがある場合、その時期に贈ります。例えば、出産祝いの内祝いなら、生後1ヶ月後に行うお宮参り頃に贈るといいでしょう。結婚祝いの場合、結婚式から1ヶ月以内に贈ります。

内祝いとは、身内の間で喜びを分かち合う「内輪のお祝い」のことですが、現在では「お祝いをいただいたお返し」として贈ることが一般的です。